メニュー

インプラントについて

 imp_03インプラントは虫歯や歯周病で歯を保存出来ず、抜歯となった場合の治療のオプションとして非常に大きな存在です。抜歯にて欠損した歯牙の代替として、顎の骨にチタン(金属)製の人工歯根を植立し、暫く期間を設けた後に、噛める様に人口の歯を装着します。保険適応でない為、費用と期間を要しますが一番美味しく何も気にせず食事を楽しんで頂けます。

治療について

初めに、インプラント(支柱)を骨の中に埋め込みます。

imp_01

埋め込み後は、インプラントと骨が接着するのを待ちます(2ヶ月から半年程度)

その後、インプラントに歯を作成します。

imp_02

インプラントのメリットデメリット

歯の喪失に対応する治療法はいくつかあります。それぞれにメリットデメリットがありますので、下記の表をご参考ください。

  入れ歯ブリッジインプラント
   入れ歯  ブリッジ  インプラント
  歯の両側に
ワイヤーがあります

(部分入れ歯)
抜けた歯の両隣を削り、
かぶせて固定します
歯を植え込みます
メリット
  • 比較的安価で導入しやすい
  • 入れ歯に比べて見た目の違和感が少ない
  • 歯を植え込むので、自分の歯で噛んでいる感覚に近い
  • 周囲の歯を削る必要がない
デメリット
  • 他の施術に比べて口の中の違和感が大きい
  • 外観で分かってしまうことがある
  • しゃべりづらくなる場合がある
  • 健康な歯を削る場合がある
  • 固定式なので、不衛生になる場合がある
  • 手術が必要
  • 疾患を抱えている場合に受けられないことがある
▲ ページのトップに戻る

Close

HOME